スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乗鞍岳(中日)
11月21日(水)

中日登山教室:高島トレイル「乗鞍岳」

天 候:快晴
参加者:受講生:17名、指導員4名

norikuramap.jpg

norikura.jpg

【コースタイム】
国境高原スキー場(8:45/9:00)~乗鞍岳(11:15/11:45)~芦原岳(13:00)~(14:20/14:30)~ゲート駐車場(15:00)



高気圧が張り出し、絶好の登山日和になりそうな天気である。
受講生17名、指導員4名で、高島トレイル「乗鞍岳の現地山行に出かける。
午前8時前に国境高原スキー場に着く。
ここは「愛発越(あらちごえ)」と言われるかつての三関(鈴鹿、不破、愛発)の一つである「愛発の関」へと続く峠である。
スキー場はまだオープンしていなので、柵の切れ目からゲレンデに入り、そこで準備をする。
快晴のよい天気であるが、風が少しありやや寒い。
IMG_1595.jpg 

スキー場のリフト下の斜面を登って登山口を目指す。
IMG_1597_20121122080323.jpg 

急な斜面を30分ほど登り、主稜線から東に送電線に沿って伸びている尾根に取り付く。
IMG_1598.jpg  

少し登ると辺りはブナ林になる。
IMG_1599.jpg  

葉を落とした静かな冬枯れのブナの林の中を徐々に登り、10時30分頃乗鞍岳から延びる北方主稜線に出る。
IMG_1601.jpg 

進路を西に取り、気持ちのいい尾根道を進む。
11時過ぎ送電線保守用の小屋の建つ狭い乗鞍岳山頂に出る。
山頂には二等三角点が建っている。
風を避けここで昼食を摂る。
眼下には登山口のスキー場が小さく広がっている。
IMG_1612.jpg 

南東には冬の陽に鈍く光る琵琶湖や余呉湖、伊吹山が広がっている。
IMG_1605.jpg 

IMG_1604.jpg 

北に目を移すと敦賀三山の一つ、岩籠山が目の前である。
IMG_1610.jpg 

遠くには新雪をいただいた白山や御嶽山(?)が頭を出しているのも見える。
IMG_1608.jpg 

ゆっくりと休憩した後、全員で記念撮影をする。
IMG_1607.jpg 

12時前に再び出発し、電波塔の立つ尾根道を行く。
IMG_1615.jpg 

二つ目の電波塔を過ぎると、管理用の車道に出て、その道をしばらく歩き再び登山道へ入る。
北に敦賀富士「野坂岳」が立派である。
IMG_1616.jpg 

このあたりの尾根南側斜面も素晴らしいブナ林が続く。
IMG_1620.jpg 

また、その根元にはイワウチワ(トクワカソウ)の葉がビッシリと見られ、春の花の時期にぜひ来てみたい。
一旦少し登って送電線の鉄塔のある所から登山道を少し入ると小さな標識だけがかかる芦原岳に着く。
IMG_1625.jpg 

芦原岳の山頂からは、北に野坂岳、その右手には敦賀の街の向うに敦賀湾が広がっているのが見える。
春に登った西方ヶ岳も見ることが出来る。
IMG_1626.jpg 

展望を堪能し、更に西に歩を進めると、見通しがきくところから真っ白な白山連峰が大きく見える。
IMG_1632.jpg 

敦賀の街も眼下に大きく広がっている。
IMG_1633.jpg 

急坂を下ると尾根は直角に南に折れ、猿ケ馬場の裾を巻いてまた西に曲がる。
このあたりも気持ちのいいブナ林が広がる。
IMG_1636.jpg 

ブナ林を抜けてしばらく下ると、立派なトイレの建つ「黒河峠(くろことうげ)」に降り立つ。
IMG_1641.jpg 

黒河林道を南に30分ほど下り、バスの待つ林道ゲートの駐車場に午後3時過ぎ全員無事に到着する。

バスでマキノ高原の日帰り温泉に行き、一日の汗を流し、メタセコイヤの並木道を廻って帰路に着く。
名神高速を走り、午後6時半名古屋に帰り着く。



今日の山行は、まさに小春日和の絶好の好天に恵まれ、午前中少し風はあったもののこの時期としては温かい山行日和であった。
教室山行としては高島トレイルの最初の第一歩であったが、日本海と琵琶湖を見ながらの展望の良い尾根道を歩いて、葉を落とした明るい冬枯れのブナ林を堪能できた山行であった。
参加された受講生の方々も高島トレイルの魅力に堪能されたようである。
春の花の時期、冬のスノーシューハイクと四季を通じて楽しめる高島トレイルの山行をこれからも企画してみたい。

                              JACTOKAI
スポンサーサイト
Copyright © 日本山岳会東海支部「登山教室」ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。