スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大日ヶ岳(中日)
7月17日(水)

中日登山教室:奥美濃「大日ヶ岳(1708.9m)」

天 候:曇り
参加者:受講生16名、指導員4名


dainiitimap.jpg

dainiti.jpg



梅雨は空けたが、前線が少し南下して今週は不安定な天候が続いている。
夕方から雨の天気予報が出ている中、受講生16名の参加を得て、指導員と合わせて20名で朝7時前にマイクロバスで出発する。
ひるがのスマートICを出て、ひるがの登山口へ午前9時に着く。
現地の天候は、時々薄日が射すも曇りがちの天候で、大日ヶ岳山頂には雲がかかっている。
駐車場には地元のマイカーが1台停まっているだけである。
今日は、ひるがの登山口から登り、途中いっぷく平を通って、大日ヶ岳北東尾根を登るルートで、往復14kmの比較的長いコースである。
ストレッチをし、準備を整えて9:20に出発する。
IMG_3096.jpg

送電線鉄塔下を通り、緩やかな樹林帯を30分ほど行くと、このコースで一番急な「胸突き八丁」と名付けられた急斜面が待っている。
IMG_3098.jpg

苦しい登りを路肩の可憐なアジサイの花が慰めてくれる。
IMG_3100.jpg 

100mほど登り、両側にブナの木が多くなる緩やかな道を行き、午前11時、「いっぷく平」と名付けられた平坦な休憩地に着く。
IMG_3103.jpg

しばらく休憩をした後、今度はダケカンバやナナカマドなどが多くなる道を徐々に高度を上げて行く。
途中の木の間越しに白山連峰の別山方面がチラチラと見え隠れする。
午前12時前、大日ヶ岳から東に派生する尾根に乗り、進路を西に変えて尾根道を行き、12:15、展望地に着く。
前方の大日ヶ岳山頂にはガスがかかっている。
IMG_3105.jpg 

IMG_3106.jpg 

大日ヶ岳山頂直下の最後の急坂が待っている。
IMG_3107.jpg 

20分ほどで登り切り、12:45、大日如来の祀られた他に誰もいない静かな大日ヶ岳山頂に立つ。
IMG_3113.jpg 

残念ながら周囲にはガスがかかり、ときどきガスの切れ間から白山方面が望める程度で展望はほとんどきかない。
我々だけの山頂で昼食タイムをとる。
IMG_3108.jpg 

全員で記念の写真を撮る。
IMG_3112.jpg 

30分ほど休憩をした後、13:10、登ってきた道を下山にかかる。
帰りは2時間半ほどかかって皆快適に下り、15:35、バスの待つ登山口に下り立つ。

帰りの日帰り温泉でたっぷりかいた汗を流し、高鷲ICから東海北陸道に乗り、18:30、名古屋へ帰ってくる。



今回の山行は、真夏の長いコースで多少不安を抱えて参加した受講生もみえたが、心配された雨に合うこともなく、全員頑張って無事完歩できた。
これから始まる夏山に向けていいトレーニングになった山行ではなかったかと思う。
JACTOKAI

関連記事

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 日本山岳会東海支部「登山教室」ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。