スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
綿向山(中日)
2月20日(水)

中日登山教室:鈴鹿西部「綿向山(1110m)」

天 候:曇り時々雪
参加者:受講生16名、指導員5名

watamukiannai.jpg

watamukimap.jpg

watamuki.jpg

【コースタイム】
御幸橋駐車場(8:45)~ヒミズ谷出合小屋(9:07)~5合目小屋(10:35/10:45)~行者コバ(11:03)~綿向山(11:35/11:45)~幸福の木(11:55/12:00)~5合目小屋(12:35/13:05)~御幸橋駐車場(14:03)



冬型が強まり寒い天候の中、マイクロバスに乗り、名古屋を午前7時前に出発する。
新名神甲賀土山ICを出て日野の街を通り、8:45、綿向山山麓御幸橋駐車場に着く。
現地は細かな雪がぱらつき、山頂方面にはガスがかかる生憎の天気である。
綿向山は霧氷(樹氷)の山として知られており、特に関西方面からの登山客が多い山である。
先週末の休日には100名以上が入ったという駐車場には先客が一台いるだけで、さすがに平日はまだ空いている。
ストレッチをして、8:45、綿向山表参道の道を歩み始める。
IMG_2202.jpg

堰堤の横を通り、途中天然記念物の「接触変質地帯」の説明のある前を通って、20分ほどでヒミズ谷出合小屋に着く。
IMG_2205.jpg


IMG_2206.jpg


橋を渡って山腹のジグザグ道を少し登ると、踏み固められた道が滑りやすくなっているので途中でアイゼンを装着する。
IMG_2207.jpg

1時間半ほどで3合目のアザミ小屋を過ぎ、徐々に上っていく。
IMG_2209.jpg

10:35、三角屋根の小さな5合目小屋に着く。
正面の「夢咲の鐘」を鳴らして何かを願う人もいる。
IMG_2212.jpg

5合目を過ぎたあたりからは徐々に両側の木々に霧氷が着き出す。
11時過ぎ7合目の行者コバの尾根上に出る。
IMG_2217.jpg

ここから急になった尾根通しの冬道を登って行く。
IMG_2218.jpg

登るにつれてますますあたりの木々の枝先には霧氷が着き、白の世界が広がる。
IMG_2219.jpg

最後の急坂を登り、竜王山への尾根道を合わせて、11:35、ガスでまったく視界の効かない綿向山山頂に立つ。
IMG_2221.jpg

IMG_2222.jpg

当初の計画では状態がよければ竜王山の方に縦走する予定であったが、時間的にも少し無理なので、少し稜線を行ったブナの変木「幸福のブナ」の所まで行って引き返すことにする。
縦走路は前日までのトレースが少しついている程度で、途中雪庇が張り出しているところもある。
IMG_2224.jpg

10分ほどで「幸福のブナ」の所に出る。
雪で埋まったブナが大きく曲がってできたトンネルを皆で腰を屈めてくぐる。
IMG_2238.jpg

分岐まで引き返し、凍って滑りやすい急斜面の尾根を行者コバまで注意しながら下山する。
そこからは30分ほどで5合目小屋に下り、少し遅い昼食をゆっくりと摂る。
IMG_2244.jpg 

昼食後、1時間ほど下ってバスの待つ駐車場に14:03に到着する。

帰りに水口町にある日帰り温泉で冷えた身体を温めて、新名神を走り、午後5時前名古屋に帰り着く。



今日の登山教室は、アイゼンとワカンを持参して、雪の山の歩き方を主眼に置いた現地学習であった。
生憎積雪はそんなになく、しっかりとトレースも付いているので、ワカンを使う機会はなかったが、凍った斜面のアイゼン歩行の訓練にはいい勉強になった。
特に急斜面の下りでは、怖がって腰が引けている人もあったが、こういった斜面にも徐々に慣れて、安全に歩けるように努力してもらいたいものである。

                       JACTOKAI

鶏冠山~竜王山(中日)
1月16日(水)

中日登山教室:金勝アルプス「鶏冠山(490.9m)~竜王山(604.7m)」

天 候:晴れ
参加者:受講生14名、指導員4名

tosakamap.jpg

tosaka.png

【コースタイム】
上桐生登山口(8・40/8:55)~落ヶ滝(9:25/9:30)~鶏冠山(10:25/10:30)~天狗岩(11:35/12:00)~竜王山(12:45/13:00)~狛坂磨崖仏(13:35/13:40)~上桐生駐車場(14:50/15:00)



冬型が少し緩み暖かな日和になりそうな日である。
マイクロバスで新名神を走り、草津田上ICを出て9:40上桐生の駐車場に着く。
ここの駐車場は、バイオトイレも設置されたかなり大きい駐車である。
ストレッチをして、9:55、林道を落ヶ滝に向けて出発する。
IMG_2021.jpg

しばらく行き、途中から右手の登山道に入る。
池の横を過ぎ、シダの多く茂る谷沿いの道を登ると右手に落ヶ滝への道が別れる。
その道を10分ほど登り落ヶ滝に出る。
冬のため流量は少ないが、垂直に切り立った花崗岩を滑り落ちる姿は立派である。
         IMG_2026.jpg

元の道に戻り、花崗岩の露出する谷道を高度を上げて行く。
IMG_2030.jpg

午前10時過ぎ、稜線上の鞍部に出る。
IMG_2031.jpg 

道を左に取り鶏冠山への急登を20分ほど登り、10:25、鶏冠山山頂に出る。
山頂は東の方面が少し開けているだけで展望はあまり良くない。
記念撮影をした後、「天狗岩」に向けて登った道を下る。
IMG_2034.jpg

鞍部から徐々に高度を上げて行くと、少し雪の残る天狗岩が頭上に見えてくる。
山頂には3,4人、人がいるのがわかる。
IMG_2038.jpg

天狗岩の基部からロープにつかまったり狭い岩の溝を登ったりして、11:35、天狗岩山頂に立つ。
山頂からは鶏冠山や三上山、琵琶湖方面がよく見る。
IMG_2039.jpg

全員で記念撮影をする。
IMG_2042.jpg

岩の上は寒いので少し下りた所で昼食を摂る。
IMG_2047.jpg

12:00、竜王山に向けて出発する。
振り返れば天狗岩のピークが立派である。
IMG_2052.jpg

「耳岩」を過ぎ、白石峰を左に曲がり、足元に佇む小さな「茶沸かし観音」を見ながら、雪の残る尾根道を竜王山へ向けて進んでいく。
IMG_2054.jpg

IMG_2055.jpg

八大竜王の祀られた広場を過ぎてしばらくで、12:45、狭く展望のきかない竜王山に着く。
IMG_2058.jpg

少し休んでから来た道を引き返し、白石峰で「狛坂磨崖仏」への道を下る。
途中の「重岩」や「国見岩」を通って、13:35、狛坂磨崖仏の前に出る。
平安初期の作と伝えられているらしいが、高さ約6m、幅3.5mの花崗岩の磨崖面に、阿弥陀如来坐像を中尊として、観音・勢至の両脇侍を刻み、その周囲に12体の仏像が彫られている。
IMG_2061.jpg

そこからは谷道を下り、しばらくして林道に出る。
林道を右に曲がり、新名神の下をくぐって行くと、右手に「逆さ観音」の遺跡がある。
IMG_2065.jpg

更に少し下ると、キャンプ場の中に石積みのデ・レーケの「オランダ堰堤」がある。
IMG_2066.jpg

流れを渡って、14:50、バスの待つ上桐生駐車場に戻ってくる。



今日は比較的暖かな日和で、稜線上もたいした風も吹かず、この時期としては比較的楽な山行であった。
山頂からは琵琶湖や比良の山並みなども見渡せた。
標高はそんなにないが、花崗岩の奇岩怪石が多く「アルプス」の名に恥じない魅力ある山域であった。

                  JACTOKAI
高畑山~那須ヶ原山(中日)
12月19日(水)

中日登山教室:鈴鹿南部「高畑山~那須ヶ原山」

天 候:曇り時々晴れ
参加者:受講生17名、指導員5名

takahatamap.jpg

takahatayama.png

tenkizu.jpg

【コースタイム】
鈴鹿峠(8:10/8:30)~高畑山(10:00)~坂下峠(11:00/11:30)~唐木山(12:00)~那須ヶ原山(13:15/13:25)~参詣橋(14:17)



冬型気圧配置が強まり寒くなりそうな天候のもと、受講生17名、指導員5名の参加を得てマイクロバスで東名阪を走り、亀山ICでR1に出て、午前8時過ぎ茶畑の中の鈴鹿峠駐車場に着く。
体操を済ませた後、リーダーから班ごとに説明を受けてうっすらと雪の残る道を出発する。
IMG_1873.jpg

IMG_1874.jpg

東海自然歩道の鈴鹿峠から右に折れ、鏡石を通り尾根に取り付く。
IMG_1876.jpg

道には少し雪が残り吹き付ける風が冷たい。
1時間ほどで県境稜線に出て、ナイフエッジと書かれたガレ場を過ぎる。
IMG_1882.jpg

このあたりの木々には霧氷が付き、まるで白い花が咲いたようである。
風が強い稜線の道を歩いて、10:00、高畑山山頂に着く。
IMG_1886.jpg

やや雲があるものの北には鈴鹿山系の鎌ヶ岳や、御在所岳がよく見える。
風が強いので、記念撮影後早々に溝干山に向けて出発する。
行く手にはこれから辿る稜線が霧氷で白く輝いている。
IMG_1890.jpg 

しばらくして溝干山を通り、坂下峠への急下降の道を下る。
11:00、坂下峠に下り立ち、ここで風を避けて昼食を摂る。
IMG_1897.jpg

昼食を済ませ、小笹山に向けて再び登り返す。
小笹山は巻いて通過し、唐木のキレット手前の岩場を登る。
IMG_1902.jpg

IMG_1903.jpg

キレットの岩場は左の巻き道を通り、唐木山に出る。
2,3の小ピークを通過し、三ツ頭山を過ぎると檜の林になり、油日山への縦走路を左に分けるとすぐに社の建つ那須ヶ原山山頂に出る。
山頂からは北へ眺望が開けている。
IMG_1912.jpg

全員で記念撮影をした後下山にかかる。
IMG_1908.jpg

下山路の途中では、大原ダムや櫟野ダムが眼下に広がっているのが見える。
IMG_1913.jpg

鹿よけの柵で囲わ植林されたカヤトの斜面を軽快に下る。
IMG_1915.jpg

40分ほどで林道に出て、ほどなくで参詣橋である。
参詣橋を左に折れてすぐの所でバスが待っている。
バスに乗り込み、途中の日帰り温泉で冷えた身体を温め、鈴鹿ICから東名阪に乗り、午後5時半名古屋の街に帰ってくる。



師走の寒風が吹くとても寒い日であったが、思わぬ霧氷の景色に参加された受講生の方も感激していた。
これからは寒さもますますつのる冬山のシーズンが到来である。
安全には十分注意しながら、冬の山も大いに楽しんでいただきたいものである。

                    JACTOKAI
乗鞍岳(中日)
11月21日(水)

中日登山教室:高島トレイル「乗鞍岳」

天 候:快晴
参加者:受講生:17名、指導員4名

norikuramap.jpg

norikura.jpg

【コースタイム】
国境高原スキー場(8:45/9:00)~乗鞍岳(11:15/11:45)~芦原岳(13:00)~(14:20/14:30)~ゲート駐車場(15:00)



高気圧が張り出し、絶好の登山日和になりそうな天気である。
受講生17名、指導員4名で、高島トレイル「乗鞍岳の現地山行に出かける。
午前8時前に国境高原スキー場に着く。
ここは「愛発越(あらちごえ)」と言われるかつての三関(鈴鹿、不破、愛発)の一つである「愛発の関」へと続く峠である。
スキー場はまだオープンしていなので、柵の切れ目からゲレンデに入り、そこで準備をする。
快晴のよい天気であるが、風が少しありやや寒い。
IMG_1595.jpg 

スキー場のリフト下の斜面を登って登山口を目指す。
IMG_1597_20121122080323.jpg 

急な斜面を30分ほど登り、主稜線から東に送電線に沿って伸びている尾根に取り付く。
IMG_1598.jpg  

少し登ると辺りはブナ林になる。
IMG_1599.jpg  

葉を落とした静かな冬枯れのブナの林の中を徐々に登り、10時30分頃乗鞍岳から延びる北方主稜線に出る。
IMG_1601.jpg 

進路を西に取り、気持ちのいい尾根道を進む。
11時過ぎ送電線保守用の小屋の建つ狭い乗鞍岳山頂に出る。
山頂には二等三角点が建っている。
風を避けここで昼食を摂る。
眼下には登山口のスキー場が小さく広がっている。
IMG_1612.jpg 

南東には冬の陽に鈍く光る琵琶湖や余呉湖、伊吹山が広がっている。
IMG_1605.jpg 

IMG_1604.jpg 

北に目を移すと敦賀三山の一つ、岩籠山が目の前である。
IMG_1610.jpg 

遠くには新雪をいただいた白山や御嶽山(?)が頭を出しているのも見える。
IMG_1608.jpg 

ゆっくりと休憩した後、全員で記念撮影をする。
IMG_1607.jpg 

12時前に再び出発し、電波塔の立つ尾根道を行く。
IMG_1615.jpg 

二つ目の電波塔を過ぎると、管理用の車道に出て、その道をしばらく歩き再び登山道へ入る。
北に敦賀富士「野坂岳」が立派である。
IMG_1616.jpg 

このあたりの尾根南側斜面も素晴らしいブナ林が続く。
IMG_1620.jpg 

また、その根元にはイワウチワ(トクワカソウ)の葉がビッシリと見られ、春の花の時期にぜひ来てみたい。
一旦少し登って送電線の鉄塔のある所から登山道を少し入ると小さな標識だけがかかる芦原岳に着く。
IMG_1625.jpg 

芦原岳の山頂からは、北に野坂岳、その右手には敦賀の街の向うに敦賀湾が広がっているのが見える。
春に登った西方ヶ岳も見ることが出来る。
IMG_1626.jpg 

展望を堪能し、更に西に歩を進めると、見通しがきくところから真っ白な白山連峰が大きく見える。
IMG_1632.jpg 

敦賀の街も眼下に大きく広がっている。
IMG_1633.jpg 

急坂を下ると尾根は直角に南に折れ、猿ケ馬場の裾を巻いてまた西に曲がる。
このあたりも気持ちのいいブナ林が広がる。
IMG_1636.jpg 

ブナ林を抜けてしばらく下ると、立派なトイレの建つ「黒河峠(くろことうげ)」に降り立つ。
IMG_1641.jpg 

黒河林道を南に30分ほど下り、バスの待つ林道ゲートの駐車場に午後3時過ぎ全員無事に到着する。

バスでマキノ高原の日帰り温泉に行き、一日の汗を流し、メタセコイヤの並木道を廻って帰路に着く。
名神高速を走り、午後6時半名古屋に帰り着く。



今日の山行は、まさに小春日和の絶好の好天に恵まれ、午前中少し風はあったもののこの時期としては温かい山行日和であった。
教室山行としては高島トレイルの最初の第一歩であったが、日本海と琵琶湖を見ながらの展望の良い尾根道を歩いて、葉を落とした明るい冬枯れのブナ林を堪能できた山行であった。
参加された受講生の方々も高島トレイルの魅力に堪能されたようである。
春の花の時期、冬のスノーシューハイクと四季を通じて楽しめる高島トレイルの山行をこれからも企画してみたい。

                              JACTOKAI
風越山(権現山)(朝日)
10月21日(日)

朝日登山教室:飯田「風越山」

天 候:快晴
参加者:受講生:19名、指導員5名

kazakoshi.jpg 

【コースタイム】
金山(6:50)⇒中央道⇒風越山登山口(8:56/9:15)→虚空蔵山(11:00/)11:10→
展望台(11:55/12:00)→風越山(12:50/13:25)→白山社奥宮(13:50)→
虚空蔵山分技(14:35)→風越山登山口(15:45/16:00)⇒入浴⇒中央道⇒栄⇒
名古屋駅(21:10)


風越山 002  
 (虚空蔵山にて)

風越山 004 
 (風越山にて)
                             JACTOKAI


雨乞岳(中日)
10月17日(水)

中日登山教室:鈴鹿「雨乞岳」

天 候:雨
参加者:受講生:15名、指導員4名

amagoimap.jpg

amagoidake.png

【コースタイム】

武平峠(9:30)→クラ谷出合(9:40/9:45)→七人山のコル(10:45/11:00)
→東雨乞岳(11:30/11:40)→七人山のコル(12:05)→武平峠(14:10)



予報では、昼までには雨の降りだす予想の生憎の天気である。
15名の受講生の参加を得て、朝7時にマイクロバスで出発する。
午前8時過ぎ旧鈴鹿スカイラインのトンネルを抜けた武平峠駐車場に着く。
少し雨がぱらついているのでカッパを着込み雨対策をして、準備体操をする。
R0010311.jpg 

出発の前に各班のリーダーから現地確認やこれから進むコースの説明などを受ける。
R0010312.jpg 

谷を渡って雨乞岳への登山道に入る。
R0010313.jpg 

杉林を抜け、御在所岳から西へ延びる尾根の山腹を回り込んで徐々に高度をあげていく。
沢谷峠を過ぎて谷状の道をしばらく行き、9:45コクイ谷とクラ谷の出合に出る。
しばらく休憩をしていると、突然本格的に雨が降り始める。
R0010316.jpg 

急な斜面を登って左のクラ谷に入る。
R0010319.jpg 

何度か谷を渡り返しながら徐々に急になる暗い谷沿いの道を七人山のコルを目指す。
10:45七人山のコルに着き、15分ほど休憩する。
R0010321.jpg 

山頂では食事ができそうにないので、ここで軽く行動食をとる。
R0010322.jpg 

11:00コルを左に折れ、東雨乞岳への急登を登り出す。
登るにつれ木々が少なくなり、笹の切り開きの中の道は風が強くなる。
12:00やっと東雨乞岳山頂に立つ。
一面のガスで何も見えない山頂で記念撮影をする。
R0010324.jpg 

雨と強い風に体温を奪われ急激に寒さを感じるようになる。
計画では雨乞岳から杉峠に下り、千種街道をたどって朝明へ下る予定であったが、今日の天候では無理と判断し、ここから下山することとする。
ガスと雨にかすむなか、登ってきた道を下山する。
R0010325.jpg 

途中で関西から来たツアーパーティーとすれ違う。
雨でぬかるんで滑りやすくなった道を注意しながら下るため思ったより時間を費やす。
午後2時過ぎ武平峠に下り立つ。

駐車場からバスが迎えに来る間峠のトンネルの中で雨を避けて待つ。
風が通り抜けてとても寒い。
午後2時半迎えに来たバスに乗り、途中の日帰り温泉で冷えた身体を温め、午後5時過ぎ名古屋に帰ってくる。



今日の山行は、前月に引き続いて生憎の雨の中の山行であったが、参加した受講生の皆さん弱音をはくこともなく歩き通すことができた。
雨の中での雨具や衣服の調整、ぬかるんだ登山道の歩き方等学ぶことも多かった山行であった。

                                 JACTOKAI

守屋山(中日)
9月19日(水)

中日登山教室:諏訪「守屋山」


天 候:小雨
参加者:受講生14名、指導員4名

moriyasan.jpg

【コースタイム】

杖突峠(10:15)→登山口(11:23)→守屋山東峰(12:16)→西峰(12:45/13:10昼食) 
→立石分岐(13:33)→浅間の滝(13:54)→立石(14:17)→古屋敷(14:17)


バスで3時間近くかかり、10時前に杖突峠駐車場に着く。
天気予報では前日からの雨も上がり、晴天が予想されたが、現地についてみると小雨が降る生憎の天気である。
リーダーがスズメバチに襲われるというハプニングがあったが、小雨の中「ザゼンソウコース」を登り、守屋山東峰から西峰と予定通りに到着する。
西峰で昼食をとった後「立石コース」を下山し、古屋敷の国道へ午後2時過ぎに無事下り立つ。

コヒガンザクラで有名な高遠の日帰り温泉で汗を流し、午後7時名古屋に帰ってくる。

1-003.jpg

2-007.jpg 

 3-017.jpg 



参加者の感想
 ・ガスや雨で見通しが悪かったが、緑がとてもきれいであった。
 ・雨具を着たためとても暑かった。
 ・雨の中でも地図を出して現在地等の確認ができた。

リーダーより
 ・この時期カッパの下には厚着をせず、汗を逃がす工夫を。
 ・出来るだけ黒い色の衣服を避けたり、長袖、帽子を被るなどして蜂などの虫対策を。

                              JACTOKAI

倶留尊山(NHK)
9月15日(土)

NHK登山教室:室生「倶留尊山」

天 候:晴れ
参加者:受講生13名、指導員4名

kurosomap_20120916133442.jpg

kuroso_20120916133630.jpg



朝7時に集合し、雨の東名阪道を走り、名阪伊賀上野ICを出て、名張を経て午前10時前太郎生の小学校前の駐車場に付く。
現地の天気はよく晴れて暑いくらいの天候である。
準備、体操をして出発する。
01-R0010272.jpg 

太郎生の町を抜けて行くと、行く手に倶留尊山に続く稜線が見えてくる。
02-R0010273.jpg  

50分ほどで舗装された林道が切れ、動物よけの柵を開けて右手の林道に入る。
すぐに左手に西浦峠への登山道が現れ、よく手入れされた杉林の中をゆるやかに登っていく。
03-R0010276.jpg  

徐々に急になる七曲がりと書かれた急なつづら折れの道を上り、11:40稜線上の西浦峠に着く。
04-R0010278.jpg 

ここからは左に折れ、倶留尊山へと続く稜線上を行く。
三ツ岩の展望台のあたりからは双耳峰の大洞山がよく見える。
05-R0010279.jpg 

急になった道を頑張って上り、料金徴収所の小屋を過ぎ、まもなく12:47倶留尊山山頂に立つ。
06-R0010281.jpg  

山頂からは、曽爾の山々や遠く高見山方面もよく見える。
07-R0010286.jpg 

少し遅れた仲間を待ち、ゆっくりと昼食タイムをとる。
全員揃って記念撮影をする。
08-R0010287.jpg   

13:30曽爾高原に向けて下山にかかる。
日本ボソとの鞍部までの下山路はロープが張られたかなり急な道であり、滑らないように慎重に下る。
09-R0010291.jpg 

再び日本ボソまで登り返し、13:55山頂に立つ。
山頂から倶留尊山方面を見ると山と山の間に虹がかかって見える。
珍しい光景に皆盛んにカメラのシャッターを切っている。
10-R0010293.jpg 

日本ボソの山頂にも料金徴収箱があり、全員入山料500円を入れて通過する。
11-R0010298.jpg 

しばらく下ると樹林が切れ、眼下に曽爾高原が大きく広がって見える。
12-R0010300.jpg 

ススキの穂は出始めたばかりで、後ひと月もすれば、大勢の観光客で逆光に輝くススキの高原が賑わうようになるだろう。
眼下にはバスの待つ少年自然の家も見える。
13-R0010303.jpg 

亀山峠まで一気に下り、観光客がボチボチと歩いている高原の中の道を下る。
14-R0010306.jpg 

少年自然の家の前を通り、14:45バスの待つ駐車場に三々五々下ってくる。
ここから見上げる曽爾高原は出始めの赤いススキの穂が青い空になびききれいである。
15-R0010309.jpg 

すぐ近くの「お亀の湯」で一日の汗を流し、帰りは名阪道の針ICに出て、連休初日の鈴鹿あたりで14㎞と渋滞する中を、午後7時過ぎ名古屋に帰ってくる。

                           JACTOKAI

大川入山(山ガール講座)
9月9日(日) 

中日文化センター(山ガール) 
南信:「大川入山」   

天 候:晴れ時々曇り
参加者:受講生14名、指導員4名

        ookawamap.jpg

ookawairi.jpg



今日は9月9日「重陽の節句」である。
暑かった今年の夏も、さすがに山では徐々に秋が感じられる頃となった。

午前7時に出発し、中央道園原ICからR153を治部坂峠まで走る。
峠から少し入った登山道入口で下車し、準備を整え、体操をして9:15に出発する。
1-R0010252.jpg     

谷を渡り少しの登りですぐに尾根に取り付き、木の根の張り出した急登を30分ほど登る。
2-R0010254.jpg   

1時間少しかかり10:20横岳山頂に着く。
3-R0010257.jpg   

ここから道を北に取り、見晴らしのよい稜線を行く。
残念ながら南アルプス方面には雲がかかり見ることができない。
幾つか小ピークを越え、午前11時半過ぎ大川入山下の最低鞍部に着く。
4-R0010258.jpg   

ここから山頂まで300m近くの最後の登りにかかる。
登るにつれ樹林帯が切れて見通しの良い笹原を行くようになる。
5-R0010259.jpg   

山頂直下の最後の登りを皆頑張って登る。
6-R0010260.jpg   

12:30やっと切り開かれた狭い山頂に着く。
他の登山者も憩っている。
天気が良ければ南アルプスや中央アルプスが見えるのだが、今日はいずれも雲の中で、眼下に飯田の街並みが見える程度である。
ここで昼食をゆっくりととり休憩をする。
我々の教室の他のパーティも少し遅れて登ってくる。
全員で記念撮影をする。
7-R0010263.jpg   

13:00あららぎスキー場へ向けて下山にかかる。
この道は、以前残雪期にスキー場の方から登って来て、雪が深く途中で引き返した道である。
下って行く途中で雨がパラパラとするもたいした降りにはならない。
一旦下って、また100mほど大きく登り返し13:40道標の立つ尾根に出る。
ここで90度右に折れスキー場への尾根道を下る。
淡々とした長い尾根道を下り、午後3時半過ぎやっとスキー場に出る。
誰もいないスキー場の中の道をのんびりと下る。
9-R0010270.jpg   

スキー場の斜面にはちょうどススキの穂が出始め、逆光に輝いて綺麗である。
8-R0010269.jpg    

15:45バスの待つスキー場下のゲレンデハウスに着く。
6時間半かかり、全員無事下りてくる。

バスで途中の昼神温泉に行き、温泉で汗を流して、午後7時前名古屋へ帰り着く。



名古屋の方ではにわか雨も降る天気であったらしいが、現地ではたいした雨にもならず、初秋の山を楽しむことができた。
若い受講生の方々ばかりで、足並みも揃って、10㎞近くのコースを歩き通した楽しい山行であった。
 

                                JACTOKAI

中日文化センター「山登りを楽しむ」
中日文化センター秋(10月~12月)
「山登りを楽しむ」の講座内容です。
興味のある方は是非お入りください。
chunichi.jpg
Copyright © 日本山岳会東海支部「登山教室」ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。